商品検索

ショッピングカートを見る
オススメ商品
フリーページ

モバイル・サイト の
QRコード は こちら

rss atom
ホーム O  オアシス Oasis(オアシス)/ NEW YORK, NEW YORK 1997【4CD】
Oasis(オアシス)/ NEW YORK, NEW YORK 1997【4CD】
フォーマット:4CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

1997年9月に欧州ツアーを終えたオアシスは10月初頭に渡米する。目的はツアーではなく、リリースされたばかりのアルバム『BE HERE NOW』のプロモーションであった。この渡米では、わずか2度のテレビ出演と、ニューヨークのハマーステイン・ボールルームでの2公演のみというスケジュールであった。本作はそれら全てを収録したものである。プロモーションという事もあり「Don't Go Away」はこの時が初演。10月7日は非常に優れた高音質オーディエンス音源であり、10月8日は完璧なサウンドボード音源である。

初日10月7日については、今まで一切アイテム化されていなかったが、音源自体は高音質のDAT録音としてマニアの間では知られており、ここに初登場となる。なるほど周囲の環境にも恵まれ、音も近くバランスにも優れ、確かにオーディエンス録音ではあるものの、サウンドボード音源と比較しても遜色がない。実際にディスク3&4に収録のサンドボード音源と聴き比べても、趣のまた異なる臨場感と空間の広がりが付随した魅力あるものとなっている。内容的にも欠落がなく完璧で、これが初登場音源であるとは信じられないクオリティである。

二日目10月8日は放送されたこともあり、これまでもいくつか既発盤が存在してきた。今回リリースに当たってそれら全てに耳を通してきたが、いずれも内容的あるいは音質的に不備のあるものばかりで、ここに初めてパーフェクトともいえる収録となっていると自負している。この10月8日の音源は放送エアチェックと放送原盤由来のものと二つに大別される。前者は途中で番組ジングルが挿入されるが後者にはそれがない。では放送原盤が完璧かというと、不思議なことに放送音源には原盤音源に含まれていないMCが存在するなど、これら音源の収録から流通した経緯については不明な点が多々ある。そしておそらく既発でベストとされていたのは、プリンスで有名なTHUNDERBALLレーベルの『NYC』ではないかと思う。このタイトルもまた既発盤同様に多くの欠点を有していながら、その後は同公演を収録したタイトルに恵まれないこともあり、依然としてベストとされているのが現状であった。

このTHUNDERBALLレーベルの『NYC』を聴いて、まず最初に気付かされるのは耳をつんざくような極端な高音、ノイズのような中音域の強調、そしてレンジいっぱいに全体を「海苔状態」に圧拡した音圧である。このタイトルがリリースされた20年以上前はこのような派手な音が流行していたかもしれないが、ナチュラル志向でヘッドフォンで聴くことが主流の令和時代にあっては、このような疲れる音は到底受け入れられないだろう。元音源の特性上ある程度は仕方ないのかもしれないが、明らかに『NYC』はやり過ぎである。本作は『NYC』と比べ高音部分は緩和され、中音域のガーッゴーッというノイズもない。そして音の波形で見るときちんとオウトツのあるレンジに余裕を持った音作りとなっている。そして『NYC』のもうひとつの欠点とされていた極端に遅いピッチの狂いも大きな問題で、MCのリアムの声が太く低く間延びしているのがわかる。キーを基準にしておよそ1.3%遅く、これは視聴覚上でも違和を感じるものであった。その点、本作ではきちんと正確なものとなっている。この2点のみでも大きなアドバンデージであろう。しかし本作はそれだけではない。

THUNDERBALLレーベルの欠点を挙げる人は前述のように音質とピッチを挙げる人が多いが、内容的にもけしてベストとはいえない問題を抱えている。放送エアチェック音源、『NYC』を筆頭に放送原盤音源、いずれの既発盤も全て「Don't Look Back In Anger」の途中で、ほんのわずか短いながら、ソ〜サリキャンウェ〜の直前のギター・ソロが欠落しているのである。『NYC』ではその部分をつまんで収録しているが、瞬間的なものではあるものの確実に欠落しているため、聴いているとつんのめりになってしまう内容的な最大の欠点である。本作ではその欠落がないのが特徴である。また「D'You Know What I Mean」の前のMC部分でノエルが放送するに相応しくない言葉を発するため、その部分が意図的に消去されている。本作の元音源でもそれは同じ状態であったので、ここでは同日のオーディエンス音源で補完することでノエルの不適切なMCを完全再現している。

「私はこの街の一部になりたい。眠らない街で新しい人生の出発だ。私はここでナンバーワンになる。この街で成功できたなら、どの街でもやっていける。自分次第さ。ニューヨーク、ニューヨーク」

9月に欧州ツアー、そして11月からも新たに欧州ツアーが組まれており、本格的な全米ツアーが始まるのは翌1998年1月まで待たねばならない。本作に収録の1997年10月の2公演+テレビ出演2番組というのは、世界最大マーケットであるアメリカのファンへの、せめてものプレゼントではないだろうか。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

HAMMERSTEIN BALLROOM, NEW YORK U.S.A. October 7, 1997
DISC ONE
01. Be Here Now
02. Stay Young
03. Stand By Me
04. Supersonic
05. Some Might Say
06. Roll With It
07. D'You Know What I Mean
08. Magic Pie
09. Don't Look Back In Anger

DISC TWO
01. Don't Go Away
02. Wonderwall
03. Live Forever
04. It's Getting Better (Man!!)
05. Champagne Supernova
06. Fade In-Out
07. All Around The World
08. Acquiesce

SATURDAY NIGHT LIVE October 4, 1997
09. Don’t Go Away rehearsal
10. Don’t Go Away
11. Acquiesce

DISC THREE
HAMMERSTEIN BALLROOM, NEW YORK U.S.A. October 8, 1997
01. Be Here Now
02. Stay Young
03. Stand By Me
04. Supersonic
05. Some Might Say
06. Roll With It
07. D'You Know What I Mean
08. Magic Pie
09. Don't Look Back In Anger

DISC FOUR
01. Don't Go Away
02. Wonderwall
03. Live Forever
04. It's Getting Better (Man!!)
05. Champagne Supernova
06. Fade In-Out
07. All Around The World
08. Acquiesce

DAVID LETTERMAN SHOW October 9, 1997
09. Don’t Go Away


[コンディション表記の説明]
NW...新品
M ...新品同様
M-...新品同様ですが、少々のスレあり
EX...スレは多少あるが、おおむね良好
VG...スリキズ等あるが、再生に影響なし

・ Label/No
bayswater/bw-47/48/49/50
・ 販売価格

6,800円(税込)

・ 購入数